雨漏り修理の値段とは

subpage01

雨漏りとは家の中で隙間が出来てしまいその隙間から雨水が漏れてきてしまうことです。



雨漏りは放置しておくと隙間部分に雨水がたまり腐ってきてしまいます。


ですので雨漏りを見つけたら早めに修理をする必要があります。



自急に雨漏りをしてきた場合はブルーシートをかぶせて応急処置をしてから業者に電話して雨漏り修理に来てもらいましょう。
では雨漏り修理にかかる値段はどのくらいかかるのかというと雨漏りの箇所によって値段は変わります。屋根の原雨漏りの原因になる棟板金の浮きによる雨漏りの場合棟板金を撤去して交換する必要があるので予算は最低でも30万円最高でも100万円になります。

スレートのヒビわれだとスレートを交換する必要があるので一枚につき1万円から2万円という値段になってきます。
瓦のわれが原因の場合だと瓦の交換一枚につき1万円から2万円かかります。

ベランダの痛みや天窓の痛みなどでは防水加工コーキングをする必要があるのでベランダの痛みの場合は最低でも5万円最高でも20万円かかります。


天窓だと5万円から最高でも25万円かかります。


経年劣化による雨漏りだと屋根の葺き替えをする必要があります。
そのため最低でも100万円から300万円かかります。



このように雨漏りを修理する場所によって値段は変わってきます。
雨漏り修理の値段はあくまで参考程度にでも知っておくことでどのくらいの支出になるのかという心構えが出来るようになってきます。