雨漏りは屋根から起こるだけではない

subpage01

一般的には雨漏りと聞くと、多くの方が屋根に穴でも開いているボロ屋などを思い浮かべるのではないでしょうか。
しかし、実際の雨漏りは、屋根からだけ起こるというわけではありません。



そして、屋根からポタポタと間断なく水が落ちて来る状態であれば、もうそれは雨漏りの末期症状であるといえるのです。

最初の頃の状態は、住んでいる人が気付かないうちに起こっている場合があります。

たとえば、天井にシミが浮いたり、壁紙などにカビが生えたりするのです。

朝日新聞デジタルに関してとにかく簡単に調べられます。

また、晴れた日が何日も続いているというのにも関わらず、家の中がジメジメと締めっぽく感じることもあるでしょう。

そういった現象は、すべて雨漏りの兆候であると考えられるものなのです。

確かに、屋根材が太陽光線や雨、風といったさまざまな自然の力によって劣化し、そこから雨が浸み込むということもないわけではありません。



けれども、屋根材の下には、アスファルト防水が施されているルーフィングという薄手の紙が敷きこまれています。
そこで、屋根材が劣化しても、その下にあるルーフィングに穴が開いていなければ、雨が漏ることはほとんど考えられないのです。一方、外壁材が劣化すると、チョークの粉のようなものが手について来たり、細かい亀裂などが生じたりして、そこから雨水が浸み込むことがあります。
その雨水が住宅の構造体まで浸み込むと、住宅全体が傷み、場合によっては建て替え工事が必要になることもあるのです。